近年では、ドローンは人々の生活に根付き始め、自然や街中を撮ったり、
アーティストのミュージックビデオで活用されたりなど活躍の場を広げています。
中でも注目されているドローンの種類にFPVドローンというものがあります。
FPVドローンとは、実際に飛んでいるドローン目線で楽しめるような映像の撮影が可能なドローンのことです。

今回は、ドローンで撮影したかっこいい動画やFPVドローンで撮影されたダイナミックな映像をご紹介いたします。ドローンを活用した映像制作をご検討中の方は、参考にしてみてください。

ドローンを使うとどんな映像が撮れる?

ドローンを使った映像撮影の魅力は、何と言っても、
通常では見ることのできない視点で撮影が可能であることでしょう。
まるで自身が空中を飛び回っているような気分で映像を見ることができ、映像を肌で感じることが可能です。

危険で人が踏み込むことができない切り立った崖や火山の火口付近などは、
人・ヘリコプター・飛行機などを使って様子を撮影することにも限度があります。
ドローンは、それらの問題を解決できる一つの手段になり得るのです。

多角的な視点で撮影が可能であるドローンは、
今まで撮影が不可能であると思われた場所やシチュエーションにおいても撮影できるため、
非現実的な映像が撮影できます。

ドローンのかっこいい動画をご紹介!

ドローンは、非日常的で非現実的な映像が撮れることをご紹介いたしました。
ここからは実際に撮影されたドローンのかっこいい動画をご紹介いたします。
息を呑むような美しい自然の映像から、あまり主流ではない室内のドローン映像まで多種多様な動画があります。

鳥になったような気分を味わえる風景

ドローンの空撮動画といえば、広大な自然が見渡せるような動画を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
こちらの映像は、まるで実際に鳥になって、森林が生い茂る山々や川を自由に飛び回っているかのような目線で
動画を見ることができる映像です。
美しい自然を近過ぎず、遠過ぎずの距離で見ることが可能で、距離感もちょうど良いです。
秋頃になると、紅葉で色づいた山々をいつでも間近で見ることができます。

特等席で観戦しているような映像

このドローン映像では、一般的な動画や静止画で見ている以上の興奮や高揚感を体験することができます。
より迫力のある視点から被写体を見ることができます。
ドローンは動く被写体と並行させて撮影したり、被写体を追いながら撮影したりすることも可能であるため、
ドローンの汎用性を感じることができる動画だといえるでしょう。

誰もが一度はSNSに投稿してみたくなる映像

信じがたいほどの驚きの目線と、流れるようなスムーズな視点で撮影されたFPVドローン映像です。
実際に空中を飛びながら、ボーリング場の入り口から裏側までを覗いたような気分になる動画です。
ドローンではこのような質の高い映像を撮れることから、近年さまざまな場面で活用されています。

アクロバティックな映像

自由自在なカメラワークを利用した、
現実の人の目では到底見ることのできないようなアングルから被写体を写した動画です。
CGのような非現実性を帯びた映像であると同時に、
魅力溢れる自動車のコマーシャルを見ているような気分にさせてくれます。

ドローン撮影では、
この映像のように俯瞰的な映像から人間が近づいて見ることができない場所まで撮影することができるため、
より迫力のある映像を実現することができます。

ドローンで行う空撮の見所

ドローンの撮影は、広大な山や谷などの自然を始めとする、
莫大な面積を有するエリアでも短期間かつ手軽にハイクオリティな映像を残せることがメリットです。
水面上を平行に走っていくような映像が撮りやすいドローンや、
より狭い場所の撮影にも最適であるよう小型化されたドローンなどが出てきており、
ドローンの空撮は選択肢の多さも見所であるといえます。

また、技術の進歩によりブレの少ない動画撮影が可能であるため、
さまざまなアングルからの視点を実現するドローン動画が作成できるでしょう。
アイディア次第で非常に自由度の高い映像を撮ることができ、
近年では観光名所として豊富な自然を広告したい方々からの需要も高くなっています。

まとめ

飛び立つFPVドローン、夕方

ドローンは、もっと近くで迫力溢れる映像を撮りたいという方の望みを叶え、
動画・映像の未来への可能性を大きく広げるものであるといえます。
通常であれば撮影が困難な場所や状況でも、ドローンを使えば撮影が可能になる場合もあり、
加えて非現実的な視点からの映像は、人を魅了する動画を作り上げることができます。

特に、FPVドローン映像の魅力は、多角的かつ非日常的な視点に留まらず、
閲覧者の映像体験として頭に根強く残る印象を与えることであり、
そうすることで映像を肌で感じることができるのです。
映像体験として自身の頭に残った映像は、閲覧者をより動画の中の世界へ引き込むでしょう。

しかし、ドローンによる撮影では操縦者のスキルや目的に合ったドローン選びが映像の出来を左右します。
そのため、信頼できるプロのドローン撮影会社に依頼して、ダイナミックかつかっこいい動画を撮影しましょう。

TOP